【 PHP 】PHP8に入門してみた 105日目 PHPの基本 ( 組み込み関数 文字列整形 )

Pocket

PHP8技術者認定初級試験 が始まるようなので 試験に向けて (できるだけ)勉強しようと思います! 使用する書籍は独習PHP 第4版(山田 祥寛)|翔泳社の本 (shoeisha.co.jp) となります。

組み込み関数

文字列を整形 printf関数

printf関数は第1パラメータに変換指定子と呼ばれるプレースフォルダを埋め込み、文字列を取得できます。

変換指定子はいくつか種類があるようで、%から始まるようです。
代表的な指定子に%sがあります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>PHPの基本</title>
</head>

<body>
    <?php
    // print命令は指定された文字列を表示するための命令です。
    $msg = 'こんにちは、変数の世界! <br />';

    print $msg;
    print 'こんにちは、皆さん! ';

    print '<br />';

    printf('%sは%sです', 'ベースボール', '野球');

    ?>
</body>

</html>

メモ

本書はかなり力説していますがとりあえず%sだけ覚えておくことにします。

またPHPでも可変長引数を使えることを確認しました。
さらにmixedという型も存在するようです。

急に情報量が増えた感じです😅

この関数も重要ですが単純に文字列への変数展開の方が簡単そうに思うんですよね・・・。

PHPPHP

Posted by raika@blog