【 PHP 】PHP8に入門してみた 83日目 PHPの基本 ( 制御構文 新switchの登場! )

Pocket

PHP8技術者認定初級試験 が始まるようなので 試験に向けて (できるだけ)勉強しようと思います! 使用する書籍は独習PHP 第4版(山田 祥寛)|翔泳社の本 (shoeisha.co.jp) となります。

制御構文

値を返すswitch登場

PHP8では値を返すswitchとして、matchという「式」が登場しました。
「命令」ではなく「式」とあります。

条件によって返す値を決定することができます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>PHPの基本</title>
</head>

<body>
    <?php
    // print命令は指定された文字列を表示するための命令です。
    $msg = 'こんにちは、変数の世界! <br />';

    print $msg;
    print 'こんにちは、皆さん! ';

    print '<br />';

    $rank = '優';
    $result = match ($rank) {
        '優' => 'すばらしい!',
        '普' => 'なかなかです',
        '劣' => 'なんと・・・',
        default => 'うん・・まぁ・・・',
    }; //←式なので最後はセミコロンで終わるんですかね

    print $result;
    print '<br />';

    ?>
</body>

</html>

とてもすっきり記述できます。

メモ

matchで重要なのは比較で===演算子を使用しているということです。

switch使うよりもmatchを使っていくスタイルに変わっていくかもしれませんね。

次点で大事なのはbreakが不要であること。これによりかなりスマートに分岐処理ができます。

 

PHPPHP

Posted by raika@blog